爆走☆えころじ庵店主のもりもり日記

50代自称美人店長があっちこっちを奔走いたします。エコ洗剤や生活雑貨のお店「えころじ庵」店主の日々のあれこれ。

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアン魚介レストラン(添乗報告No.10) 

2010.05.31

きょうはシーフード料理です。
La Trappola(CREMONA)

piza

前菜の前のピザ

hotateebi

ホタテのオーブン、エビのオイル焼き

ika

シーフードのオリーブオイル炒め
海老、イカ、あさり、タコ

bonglepasta

ボンゴレパスタ

furitta

魚介のフリッター
えび、いか、青魚、たこ、ズッキーニの花も

gerade

デザートは、くるみ入りジェラート

yorukonshinkai

夜の懇親会
右はドライバーのパオロ氏

eki

翌朝、お仕事の都合で帰国を余儀なくされたおふたり
離団早朝のクレモナ駅です。

これから、列車でミラノ中央駅へ、
マルペンサ空港からフランクフルト経由、帰国の途へ

後から伺ったお話では、
フライトが40分もディレィ(遅延)して
乗り継ぎのフランクフルトの空港内では
それはそれは、走った、走った!って

大変お疲れ様でした。

...............................................................................................

第43回「ヨーロッパ食肉産業視察ツアー2010」
企画:株式会社食肉通信社

旅行企画実施:株式会社トラベルアイ
添乗員:えころじ庵店主
............................................................................................................................

↓クリックしていただけると大変励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーサイト

パルマ観光(添乗報告No.9) 

2010.05.28

namahamu

生ハムでおなじみのパルマです。

machinami

ヨーロッパらしい素敵な街並み♪

douomo2

ドォオモもあります。

douomo

なかなかどうして

tenjyo

素晴らしいではありませんか!

stendglass

こんな素敵なステンドグラスも

nakata

中央が、かの中田英寿選手が愛した
イタリアンレストラン 「La Greppia」 です。

...............................................................................................

第43回「ヨーロッパ食肉産業視察ツアー2010」
企画:株式会社食肉通信社

旅行企画実施:株式会社トラベルアイ
添乗員:えころじ庵店主
............................................................................................................................

↓クリックしていただけると大変励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

CIBUS国際食品見本市(添乗報告No.8) 

2010.05.27

イタリアはパルマ国際見本市会場にて
2010年5月10日~13日 の4日間
第15回「CIBUSチブス」国際食品見本市開催。

cibuskanban

世界55ヶ国から6万人以上の来場を見込む
大規模な催しは2年に一度の開催です。

sausaige2

出展品目は食品全般にわたるが
とりわけイタリアの食肉加工品が充実している。

sausage

Welcome to foodland の看板通り

tenkomorihamu

ハム・ソーセージはもちろん

kavia

キャビアや

cheeze

チーズ

oil

ワインやバージンオリーブオイル

tabeteoikiyo

まあ、食べておいきや、と

salami

そんなにおっしゃられたら

namahamucutter

いただきまぁ~す♪

pasta

パスタや

drifuruit

ドライフルーツ、アイスクリームも

paoro

パルマ・プロシュート協会の
パオロ・トラメッリさん♪
(Mr.Paolo Tramelli)見つけたっ!

あなたに会いに日本から来たのよん♪ と

paorooishinbo

「美味しんぼ」 の ↑ ご本人のお顔の横に
サインをしていただきました(笑)

masshimo

もうひとりお会いしたいと思っていた
マッシモ・スピガローリさん(左)は
お出かけでしたので
ポスターで記念写真を撮る
ミーハー添乗員なのでした。
...............................................................................................

第43回「ヨーロッパ食肉産業視察ツアー2010」
企画:株式会社食肉通信社

旅行企画実施:株式会社トラベルアイ
添乗員:えころじ庵店主
............................................................................................................................

↓クリックしていただけると大変励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

日本食レストラン(歌舞伎)(添乗報告No.7) 

2010.05.26

てんこ大もりもりのドイツ料理もそろそろ
飽きたころかと、本日は和食です。

カイザー通り(Kaiserstr)にある「歌舞伎」(Kabuki)にて

teppanyaki

鉄板焼きです。
日本人のスタッフの方が料理をしてくださいます。

日本のビールやお酒があることも
喜ばれたようです♪

シャンパン ヴーブクリコ が
セレクトされました。(うふ)

zensai

前菜
アスパラ胡麻和え、チキンロール、茄子の煮浸し

harumaki

春巻の中身は、
舌平目、蟹、白滝、しいたけ
しゃきしゃき感ととろみが美味しい

niku

肉の薄切り
ソースはレモン、和風、塩、ソース

炊き込みご飯とお漬物

kinakoice

デザート
黒豆のアイス、白玉、フルーツ

ここでも「食用ほうずき」が出ました!

FEINE JAPANISCHE ESSKULTUR
TEPPAN-YAKI
歌舞伎
KAISERSTR.42 60329 FRANKFURT/M
TEL:069-234353 FAX:069-233137
...............................................................................................

第43回「ヨーロッパ食肉産業視察ツアー2010」
企画:株式会社食肉通信社

旅行企画実施:株式会社トラベルアイ
添乗員:えころじ庵店主
............................................................................................................................

↓クリックしていただけると大変励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ザクセンハウゼン(添乗報告No.6) 

2010.05.25

フランクフルトの夜は、
ドイツ名物料理を楽しみましょう♪

Main river

と言うわけで、マイン川の向こう側

sachsenhausen

ザクセンハウゼン(SACHSENHAUSEN)は、
フランクフルト名物のリンゴ酒 Apfelweinを
飲ませる居酒屋が並ぶ一角ですが、古い造りの
建物ばかりなので、散歩しても楽しいところ。

Zum Grauen Bock

ツム・グラウエン・ボック(Zum Grauen Bock)
創業103年のお店です。

spagel

5月にドイツに来たら、シュパーゲル(Spagel)
「白アスパラガス」でしょう♪

sausage

名物の豚の骨付きあばら肉の
リップヒェン(Frankfurter Rippchen)
ソーセージ・ハムてんこもりもり
ザワークラフト(キャベツの酢付け)

FRA DINNER

アプフェルは林檎、ヴァインはワインで、
つまりリンゴ酒のこと。

FRA DINNER2

名物「アプフェルヴァイン」は
ふたりにひとりは美味しくないとの感想なので、
お試しに三人に一杯ほど頼んで見ましたけど
評判はいまひとつのようでございました。

applepai

シメは、これまた大きなアップルパイ!

after dinner

腹ごなしに、国際交流をして

main2

夜のマイン川を眺め

main

界隈の散歩をして

romendensha

路面電車で思いがけないところに到着して
・・・歩いて帰って来ました。

...............................................................................................

第43回「ヨーロッパ食肉産業視察ツアー2010」
企画:株式会社食肉通信社

旅行企画実施:株式会社トラベルアイ
添乗員:えころじ庵店主
............................................................................................................................

↓クリックしていただけると大変励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

IFFA国際食肉産業専門見本市inフランクフルト(添乗報告No.5) 

2010.05.24

shokukounin

ドイツ フランクフルト国際見本市会場
(メッセ・フランクフルト)で

IFFA

2010年5月8日~13日に開催された
国際食肉産業見本市「IFFA(イーファ)」
International Meat Trades Fair

shintanisamaodatesama

3年に1度、最新の食肉機械や技術を発表する
世界最大規模の見本市です。

kaijyo

10万㎡を超える展示スペースに900社以上の出展者が集う。

sausajiposter

前回(2007年)の実績は、出展者48ヶ国913社(55社増)
来場者数は117ヶ国6万1,328人(4,873人増)

wasausaiji

巨大なウィンナーや

kyodaisausaiji

メガ・ソーセージ(笑)

shokunin

包丁研ぎ職人

butacut

初めて見た、豚のカットの様子の映像は
衝撃的でしたが、この道のプロフェッショナルである
ツアーのお客様のお話を伺うと
大変興味部深いものでありました。

keshing

ソーセージの包装。
表皮部分のケーシング(Casing)と言う言葉も

tsurisausaiji

初めて知りました。

icehidume

氷の中の蹄・・・なんでか、ちょっとお洒落(笑)

seizouji

ウィンナー製造中

sausaiji1

てんこ

sausaiji2

もりもり

bejota

おっとここは、スペインの生ハム♪

「ハモン・イベリコ・デ・ベジョータ」
 Jamón ibérico de bellota

きゃあ~♪

bejotashishoku

ベジョータ bellota ベジョータ♪♪♪
一万円分くらい試食させていただきました(笑)

このツアーは数年前に
食肉通信社様とトラベルアイの企画で
ハモン・イベリコ、ハモン・セラーノのツアーを
催行したことがあります。

それから、イベリコ豚が
より周知されるようになったとか・・・?

今回のそれは「クラテッロ!」ですね!♪

contest2

同時開催のハム・ソーセージコンテスト

contest

日本からも多数応募があるそうです。

IFFA金メダルとか、IFFA銀賞受賞商品!とか・・・
箔がつきまネ!

contestshinsain

笑顔の素敵な日本人審査員さんも♪

kaijyo2

どうも食べ物ばかりに
シャッターを押してしまいがちですが
とても大きな機械がたくさんありました。

<7ホールの出展構成>
と畜、解体処理、部分肉処理。加工、
流通・貯蔵システム、冷蔵機器、オートメーション、
管理機器、供給設備、クリーニング機器
作業スペースの衛生・安全管理
EDP・ITソリューション、測定・計量機器、サービス
包装。食肉専門店向け機器、スパイス、ハーブ、副次製品

butakun

オプショナルツアーとして
「フランクフルト市内の食肉専門店視察と
     ハイデルベルグ観光」

食肉専門店「マイヤー(Mayer)」
食肉専門店「フェインコスト(Feinkost)」
惣菜「シュレーマー・マイヤー(Schlemmermeyer)」
デパート「ギャレリア(Galeria)」

フランクフルトのホテルは会場まで歩いて行ける
サヴィニー・フランクフルトシティセンター
(SAVIGNY FRANKFURT CITY CENTER)に3泊しました。
(May 07 in - 10 out)

...............................................................................................

第43回「ヨーロッパ食肉産業視察ツアー2010」
企画:株式会社食肉通信社

旅行企画実施:株式会社トラベルアイ
添乗員:えころじ庵店主
............................................................................................................................

↓クリックしていただけると大変励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

クラテッロ美味し~いランチ♪(添乗報告No.4) 

2010.05.21

al Vedel logo

ミラノ(Milano)から南へ2時間
コロルーノ(Colorno)の素朴な田舎町

Al Vedel

クラテッロの製造工場と
カンティーナ(熟成庫)の隣にお店はあります。

alvedelshujin

ご主人のエンリコさんは、
CIBUSの見本市に出展してお忙しい中
帰って来てくれました。

我々も明日、ツアーの目的のひとつである
イタリアの食材を集めた見本市チブスを視察します。

iriguchi

1780年から5代に渡って続いている
老舗レストラン、アルベデル(al Vedel)さん
(ANTICA TRATORIA TIPICA)

al vedel family

エンリコさんファミリーは陽気で素敵です♪

family old

これは昔の写真です。わかりますね~(笑)

tennai2

「ヨーロッパ食肉産業視察ツアー」のために、
きょうはお休みなのに
特別に開けていただきました。

tennai

貸切で

okusantoculatello

クラテッロの講習会と試食ランチをお願いしました。
(講習会の模様は、 添乗報告No.3 をご覧下さい)

culatello serve

いよいよ「クラテッロ」試食です♪

pancheta serve

こちらは「パンチェッタ」

culatello

おススメは、生ハムに合う発砲赤ワイン
「ランブルスコ」(Lambrusco)

panchetta/sarami/koppa.kuraterro

左下が「クラテッロ」(Culatello)です♪

musutarda

肩の加熱したハム

野菜は「ムスタルダ」と言う、
果物と芥子(からし)を混ぜたシロップにかかったもの
甘い野菜がお肉と美味しい。

ravioli

リコッタチーズとほうれん草の「ラビオリ」

rizotto

熟成されていないフレッシュサラミと
きのこの「リゾット」

puntadeiviterro

「プンタディビテッロ」
パルミジャーノ・レッジャーノとパン・卵・香辛料を
練ったものを、仔牛のあばら肉に入れてまいたもの

付け合せに、ポテトとイタリアンパセリ
このあと、「黄金の鶏」と言われるフライドチキンが
サーブされました。
「お肉の付け合せに肉!」と思いましたが、
スパイスがとても美味しくて、食べ始めたら
写真撮ることを忘れてしまいました(笑)

semifuraido

デザートは、パルマのキス(バーチョ・ディ・パルマ)
と言われる「セミフレード」
ジェラード、アイスクリーム、生クリーム
カスタード(ザバイヨーネ・・これも美味しんぼに出てきましたネ)
クルミのリキュールが効く~

culatellozeninshugo

ごちそうさまでした~♪

okusantohanbaiculatello

右が一番美味しいお尻のお肉だけで作る
幻の「クラテッロ」
左がモモ肉で作る「フィオケッロ」

旅行会社トラベルアイ からのご旅行注意情報>
残念ながら、肉製品を日本へは持ち帰ることが出来ません。

動物検疫の対象となるため、
肉、ハム、ソーセージなどの肉製品は
輸出国政府機関発行の検査証明書が必要です。

免税店や空港などで、真空パックに入ったサラミなど
販売員から日本へ持ち込み出来ますよ~と
言われたものであっても、ヨーロッパでは、
日本向け検査証明書が添付されているものが
ほとんどなく日本への持込は困難です。

chobo

シェフは厨房をノゾクのがお好き(笑)

...............................................................................................

第43回「ヨーロッパ食肉産業視察ツアー2010」
企画:株式会社食肉通信社

旅行企画実施:株式会社トラベルアイ
添乗員:えころじ庵店主
............................................................................................................................

↓クリックしていただけると大変励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

クラテッロ(Culatello)講習会(添乗報告No.3) 

2010.05.20

パルマの生ハム(プロシュート)は世界最高!
それよりも美味しいと言われる「クラテッロ」

第43回「ヨーロッパ食肉産業視察ツアー2010」
ハイライトのひとつ
イタリアはパルマ(Parma)から北へ30分、
コロルーノ(Colorno)での「クラテッロ講習会」

Al Vedel

老舗レストラン「al Vedel(アルベデル)」さんに併設する

seizokojyo

右が製造工場、
左が熟成庫(カンティーナ)への入り口です。

koushukai

クラテッロの作り方、実演講習開始。

クラテッロに使うのは、
エミリア・ロマーニャ・ロンバルディアで
育てられた豚のみ

プロシュートには腿肉全体を使うが
クラテッロは一番美味しいお尻の肉しか使わない。

shiomabushi

クラテッロに使うのは塩だけ。

つけ過ぎるとしょっぱくなり、
足りないと腐ってしまう
動脈部分は念入りに塩をして水分を取ります。

まさに塩梅(あんばい)はマエストロ職人技!

shio

塩、黒コショウ、赤ワインを配合。

割とさくっと塩をすり込む
3時間で5~60本作るそうです。

butanboukou

驚くことにクラテッロは
「豚の膀胱(ぼうこう)」!に包んで熟成させます。

熱いお湯で洗って、ワインビネガーに漬け込んで
臭い抜きしたもの。

tsumeru

塩でなじませて6日寝かせた肉の塊を水で洗い、
豚の膀胱に詰める。

クラテッロに使わない、ももの部分で作る
「フィオッコ」は3日で洗う。

もちろん「クラテッロ」がずっと価値が高い。

nuu

紐で縫い上げます。

そう言えば「美味しんぼ」で、海原雄山氏曰く
お馴染みの粉チーズ、パルメザン・チーズは、
一般的にそう呼ばれているが、
本物のパルメザン・チーズと呼ぶことが出来るのは、
ここ、パルマで独自の方法で作られたチーズだけ
それをのみ
パルミジャーノ・レッジャーノと言うのだそうです。

つまり、最高の生ハムも本物のチーズもパルマで
作られていると言うことです。

そんなウンチクを思い出しながら、職人の話に戻すと

DOP(後述)の規制により、この地域で育った豚のみを使うが、

パルミジャーノ・レッジャーノを作ったあとに残る
ホェー(乳しょう)と
とうもろこしを食べさせているので
肉が美味しく、柔らかくなっているのだそうです。

聞いているだけで、添乗員よだれが・・・。

shibaru

紐でコンパクトにする、
骨のある部分があいてしまうので注意

shibariageru

強く縛り、水分を抜く。

shibarikannsei

14~15ヶ月の200kgの豚を使う。雄雌両方使うが
オスは去勢をしないと臭くなる。

日本は110~120kgの豚を使うと言ったら
信じられない~と、びっくりされた(笑)

肉の部分は骨付きで、17kgほど
クラテッロを作るお尻の部分、新玉で8~9kg
熟成して、半分の4~5kgになるとのこと。

hoikansei

ほい、出来上がり~♪

reizouko

3~7度の冷蔵庫で6日間寝かせる。
水分を出し、塩分を浸み込ませる。

saramirizouko

のち、移動し、少し高めの冷蔵庫で休ませる。

me-ta-

保存剤もない昔からの手法で、自然の風土で
作られるため、近代的な設備や技術はありませんが
こんな管理メーターだけはありました。

oishinboukeru

日本から持参した「えころじ庵」店主イチオシの
「美味しんぼ81巻」
載っている漫画の顔に「ご存知?」と聞くと

「お~、マッシモ・スピガローリだ~♪」

「きゃあ~、パオロ! パオロ・トラメッリも、
    ロマーノ・ゼラスキも出てる~!」と

げらげら~、と、めちゃ大ウケ!
お土産に差し上げました(笑)

chozoukohe

さて、お次は「クラテッロの熟成庫」です。
製造工場のお隣、ヨーロッパ風お洒落な入り口から

kurarettochozouko

一歩入って、もうびっくり!

jyukuseishitsu

「クラテッロ」・・・てんこもり熟成中!

jyukuseishitsu2

なんとお見事!

jyukuseishitsu3

素晴らしい!

jyukuseishitsu4

あまりにも感動し過ぎて
シャッター押しまくり!

jyukuseishitsu

しつこい?
本当にすごいのです!

kabiotoshi

最低2年熟成させる。

クラテッロは生きている。

カビが生えてくるのを、20日おきくらいで
カビを落とし、肉に呼吸をさせる。

床に落ちたカビは香りに役立つ。

tataku

乾燥した肉をたたいて検査する。

たたいた音を聞いて、病気をしたことがあるとか
お尻を打ったことがある豚かわかる。

塩が足りなかったかどうかも、音でわかる。

検査に合格したもののみ市場に出る。
不合格は廃棄。(あぁ~もったいない)

写真上の窓 ↑ が、実は重要です。

窓からは、西から東への風が吹きます。
空気調整設備は一切なく、自然の空調
窓の開け閉めで温度と湿度を調整します。

この貯蔵庫の床の下は1メートル掘ったら水
湿気が多い環境です。
プロシュートは油があるが
クラテッロは皮が付いていなく、
むき出しのため湿気が必要なためです。

jyukuseishitsu5

厳しい検査を通って初めて付けることが出来る
栄えあるラベル!

DOP(イタリア語:Denominazione di Origine Protetta)
デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・プロテッタは、
イタリアにおける原産地名称保護制度。
イタリアワイン、チーズなどの伝統的食材に対し、
品質管理と産品保護のため地域を指定した上、
基準を満たすものにのみ特定原産地の名称を付して
販売することを許可する制度。

raberu

伝統的な手法により製造されたものに限って
表示を付けることが許されている保護原産地表示。

「クラテッロ・ディ・ジベッロ」Culatello Di Zibello

jiberoposter

昔と変わらない手法に、伝統と誇りを感じます。

okusantomaesutoro

とても親切に丁寧に講習してくださった
家族経営エンリコ氏の明るい奥さんと職人さん。

po-river

何度かポー川にかかるこの橋を渡りました。
霧でおおわれることが多いそうです。

8tsunomura

↑ 美味しんぼ 81巻(P115)より抜粋
クラテッロはポー川沿いの八つの村でしか作れません。

湿気や気温・・・このポー川によって作られる
自然環境があればこそ作られると言うクラテッロ。
この土地でなければ作れない味。

ポー川は何年か毎に氾濫して、この辺り一帯
洪水に見舞われるそうですが
洪水の際、避難する優先順位は
最初にクラテッロ、そして女・子供
最後が男だそうです。

canteynapanfu

Podere Cadassa CURATELLO DI ZIBLLO DOP

長くなりました。
クラテッロ試食ランチは明日のブログへ続きます♪
...............................................................................................

第43回「ヨーロッパ食肉産業視察ツアー2010」
企画:株式会社食肉通信社

旅行企画実施:株式会社トラベルアイ
添乗員:えころじ庵店主
............................................................................................................................

↓クリックしていただけると大変励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

クラテッロ(添乗報告No.2) 

2010.05.19

「生ハムの王様 クラテッロ」をご存知ですか?

Culatello クラテッロはイタリア最高峰の生ハム
イタリア国内でも幻の生ハムと呼ばれるほど、
手に入りにくい貴重な生ハムです。

一頭の豚から、一本のクラテッロしか取れず、
豚のモモ肉の中のお尻に近い中心部分の肉だけを使い
豚の膀胱に詰められて、一年以上の熟成をします。

美味しんぼ 81巻でも
究極のメニューと至高のメニューの
料理対決で、詳しく出てきます。

oishinbo81

アイスランドの噴火に負けず、
ミラノから古都パルマの北、
約20kmの街コロルーノに
どう~しても来たかったのは、この「クラテッロ」が
どう~して~も食べたかったからです(笑)

kuraterro/salami

左:サラミ、右:コッパ(豚の首のうしろ)

panchetta/sarami/koppa.kuraterro

上から時計周りに
パンチェッタ、サラミ、コッパ、クラテッロ

ポー川地域の限られた地
「エミリアロマーニャ州ジベッロ」Zibello村 で、
伝統的な手法により製造されたものに限って
「クラテッロ・ディ・ジベッロ」と言う
保護原産地表示をつけることが
許されているのだそうです。

Al Vedel

1780年から続く老舗レストラン
「Al Vedel(アルベデル)」さん

alvedelshujin

シェフであるエンリコ氏の奥さん(左)の兄が
クラテッロ組合の副会長
とてもわかりやすく、丁寧にクラテッロセミナーを
やってくださいました。
グラッツェ・ジェンティーレ♪

kuraterrokoubou

クラテッロのカンティーナ(熟成庫)。

kuratezeninshugo

ヨーロッパ食肉産業視察ツアーご一行様の
クラテッロ講習会の模様とランチメニューは次へ♪

............................................................................................................................

↓クリックしていただけると大変励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

帰ってまいりました(添乗報告No.1) 

2010.05.18

ただいま帰りました!

アイスランド噴火の影響を受けて
フランクフルトから向かうミラノ空港は
前日まで閉鎖。

フランクフルト中央駅で列車のスケジュールを
調べたり、バスの手配を考えたりしましたが、

団体が入った朝のみオープンし
翌日はまた、空港閉鎖と言う、結果オーライ
ぎりぎりセーフだったのでした。

日頃のオコナイの良いお客様がいらしたのでしょう♪
または、添乗員にそんな試練を与えるには忍びないと
考えた神様のおかげかな?

さて、本日より「えころじ庵」始動です!

店主不在中にご注文いただいて
発送をお待ちいただきました皆様に
感謝の気持ちを込めて、
ほんの小さなヨーロッパ土産をご用意致しました。

ご注文がなかったらどうしよう~と
案じておりましたが、
どうしてどうして、
きょうはたくさんの発送をさせていただきました♪

感激です! ありがとうございました。

eur omiyage

イタリアのリゾット、パスタ、
パリのお菓子やチョコレート、ピスタチオ
スパイス、バージンオリーブオイル etc.

ほんの気持ちの小さなお土産ですが
どうぞご笑納下さいませ♪

............................................................................................................................

↓クリックしていただけると大変励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

店主添乗のため、しばし休み 

2010.05.06

大変申し訳ございません。

えころじ庵店主、出張に付き、
発送は 5/18(火)以降になります。

ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

PPT&suitcase

店主不在中の 5/6(木)~17(月)間に
「えころじ庵」 商品のご注文をいただきましたお客様へ

長らくお待たせしてゴメンナサイ!と
お待ちいただいたことに感謝の気持ちを込めて
なにか、こころばかりのプレゼントとなる
「小さなヨーロッパお土産」を
探してまいりますのでお楽しみに♪

添乗先は、
フランクフルト、ミラノ、パルマ、フィレンツェ、パリです。

ではでは、これから出発地 関西空港へ行ってきまぁす!

............................................................................................................................

↓クリックしていただけると大変励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

メール from カナダ 

2010.05.04

「雪だるまとチューリップ」
と言うタイトルの画像が届きました。

おなじみ、カナダのういちゃんからです♪

こんにちは 日本はゴールデンウィークですね。

暖冬で短い冬でしたが、すっかり春支度に変えた
4月27-28日、季節外れの積雪10cm!

チューリップと雪だるまの組み合わせが面白い
日本に送ろう、と写真を撮りました。

yukidarumatochu-ripu

雪だるまの腕は、予想に反して、
プレーオフで勝ち進んでいるアイスホッケー(NHL)
モントリオールカナディアンズの旗です。
この時期になるとモントリオールは誰もがカナディアンズファン。
春の流行風邪という感じで、チームの勝敗に一喜一憂しています。

ケベックは男女別姓なので、旧姓も新姓もないのです。。。
だからいまでも「ういちゃん」なわけです。

へぇ~、そうなんだぁ。

雪だるまの右後ろの花
実はチューリップらしいです(笑)

ういちゃん、ありがとう♪
こちら日本は
さわやかな五月晴れですよ♪

........................................................................

↓クリックしていただけると大変励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

初節句 & 一ノ蔵 

2010.05.02

11ヶ月になる孫の初節句です♪

hatsuzekkucake

ケーキと

hatsuzekkuisho

友人が貸してくれた衣装と
おじさんの 兜 と

zanninnshugo

ママが腕をふるったお料理と

お赤飯も煮込みハンバーグもとっても美味しかったよぉ~♪

ichinokuraspe

お酒と

おっと、この台は・・・
「えころじ庵」でもご紹介している
「八ヶ岳職人の作品」 園児椅子ですよ~(笑)

おじいちゃん(店主の夫です)が
初節句の祝いに作って運んで来ました!

八ヶ岳のログハウス「たかねの杜」もどうぞよろしく。
・・・しつこい? (笑)

hattorifusai

酒好きご夫婦と

ryoumasake

酒好きばあちゃんこと店主と

masasukeryoma

酒好きひいおじいちゃん(店主の父です)

ryoumakintaronaku

さかもとりょうまくん
コスプレにご機嫌ななめで

kentahinako

ひなこおねえちゃんがパパ(店主の息子です)と
ポーズを作ってくれました。

金太郎 & 桃太郎?・・・強そうだね~!

ichinokuraappu

さて、この 「一ノ蔵」・・・
ただものではありません!

「春乃生原酒」 特別純米生原酒 無濾過無調整

まず、お米は、
自然を尊重し、強い信念と熱い情熱を持って、
環境に優しい有機栽培を行っている白幡 晋氏の土つくり
堆肥へのこだわりから、ふかふかとした良質な土壌を作り
苗~稲の栽培・・すべて高い次元で作られた
「地球は人間だけのものではない!」信念に基づいた
労力を惜しまない完全無農薬栽培のササニシキ。

そんなお米を使うので、
さらに楽しみ & 失敗が許されない、と
強い責任感をもっての一ノ蔵 杜氏の仕込みの技。

余計に手を掛け水分を飛ばし、麹菌を繁殖させる等
お米の性質を理解し技術を向上させたこちらも蔵人達の
商品に込めた心意気を感じるものであります。

その一粒ひとつぶの大きさと品質にばらつきが少なく
精米、洗米、蒸米が安定し高いレベルで醸し出し
生酒の状態で既にある程度熟成したかのようなやわらかさを
感じさせる甘さを含んだ旨味を楽しむことが出来ます。

アルコール度数17~18度にもかかわらず
とっても清らかで飲みやすいのでした。


そんなお酒で、
さかもとりょうまの初節句を祝いました!

........................................................................

↓クリックしていただけると大変励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

美容院 

2010.05.01

営業マインドたっぷりの美容師
星陽子さんが働く美容院

biyouincard

ヘアー & メイク エイダ

kimonosugata

毎週水曜日は、お着物にてお仕事してます。
なんともとっても素敵です。

温故知新、お洒落で不思議な空間です^-^

夜8時の予約まで可能なのがうれしいですね♪

美容室
ヘアー アンド メイク エイダ hair&make eida
東京都千代田区神田小川町3-3-2 akimotoビル1F
03-3291-5450

............................................................................................................................

↓クリックしていただけると大変励みになります
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 | HOME | 

プロフィール

店主坂元☆

Author:店主坂元☆
【えころじ庵】店主 坂元です。
えころじい洗剤の「わっしょい!!」「美真雪」布ナプキン、布オムツを中心に、素敵な商品をみなさんにお届けしたい!!ということで、あちこちひた走っている営業ウーマンです☆
元気が取り柄です!!どうぞよろしくお願いいたします☆




開店~2009.1.8までの店主もりもり日記はこちら☆



気軽なお悩み相談所





カードやチラシ・パンフなどグラフィックに関すること何でも☆


乙女マップ



わっしょい


店主のおせんたくびより

久しぶりに家にいる かつ
晴天予報の休日は

張り切って洗濯大会です♪


前夜、お風呂上がりのお湯に

我が愛すべき、「わっしょい!!」
を溶かして布団カバーやら
シーツやら、タオルケットやらを、

放り込んでじゃぶじゃぶ付け置き!



汚れの目立つ襟元は
「わっしょい!!」を
もみこんでおきます。



やはり、熱めのお湯(50度位)
が、一番よく落ちるようです。






↓ このベッドパッドは、
洗濯機で洗っても、
こうはきれいになりません。

近所のクリーニング屋
さんに出すと 1,800円



わくわくして、朝、
ちょっぴり早く目覚めます♪


じゃぶじゃぶして、
そのまま洗濯機へ

量によりますが、
そのままでもいいし、

他の安い洗濯洗剤を
混ぜても大丈夫です。







誠にはずかしながら、
すごく汚れが落ちて

やりがいあって、
実に楽しい♪



この「わっしょい水」を
流す排水溝はニオイがとれて

ピカピカになりそれでいて、
川や海を汚しません。






それにしても、「わっしょい!!」
はつくづくつけおき洗いに
強いことを、毎回、実感します。



特に、カーテンやベッド
カバーなど
大物洗いに
威力を発揮!


とてもすっきりきれいに
なるのがうれしい♪

本当に、
「さっぱり」
します(^0^)



洗濯機に「わっしょい!!」
を粉のままザーと
入れないで下さい。

環境に優しいことを
優先したために

溶け難いきらいが
あります。



付け置きした洗濯物
と わっしょい!!液 と
一緒に洗濯機に
放り込んで
洗ってください。



白いシャツや
ブラウスの汚れや
染みなど、
とにかく、
付け置き効果が素晴らしい♪


エステサロンの
白い制服がきれいに
なると
こちらも評判です(^0^)



界面活性剤や
酵素は一切
入っていませんので、
アレルギーや敏感肌の
方にも安心な商品ですので

衣類やシーツの洗濯に、
特にオススメですよ。



わっしょい





開店~2009.1.8までの店主もりもり日記はこちら☆

ただいまの時刻  

仕事が楽しくなる名言集

presented by 地球の名言

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ブックマーク
twitterつぶやき中★
お店の商品たち
店主一押しの素敵な商品たち。ぜひ見てくださいね! エコ洗剤「わっしょい!!」「美真雪(みまゆき)」の
サンプル請求
も、お気軽にどうぞ☆(送料込み・210円)


重曹+酸素 環境にも身体にも安心の漂白洗浄剤「江戸前洗い粉・わっしょい!!」



界面活性剤を一切使わない安心の洗剤。女性の為に開発された血液汚れ専用洗剤「美真雪~みまゆき~」



ふわふわ&もっちり。メレンゲのような泡で潤い洗顔。安心の無添加石鹸
「美・リセットソープ」



スナップボタンで長持ち!!サイズも65~85cmと長期で使える布おむつカバー。布おむユーザーママは必見です☆日本製☆



アロマの香りで生活に癒しと潤いを♪オーガニックな土壌で育てられた、ナチュラル&安全なエッセンシャルオイルです。



人気商品!和柄が渋いおしゃれなベビースリング。お祝いにもどうぞ☆










エコ洗剤&雑貨のオンラインショップ【えころじ庵】重曹エコ洗剤、布ナプキン、布おむつカバー、無添加化粧品、精油などをお届け。
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
えころじ庵
えころじ庵布ナプキンの魅力
takusann.jpg
和柄からポップな柄まで、ウキウキ楽しくなる色とデザイン! メイドインジャパンクォリティーの優れ物です。
デザイン & 縫製技術で、布ナプとしては世界一だと店主は思います。
tojitabarie.jpg
こちらは、ミニサイズ
↓布ナプキンミニ、ホックをはずしたところ 
barie.jpg
特筆致したいことは、ここ!
あまりにも素晴らしいので繰り返しお伝えします♪
nuime1.jpg
↑縫い目! です。 ここです。 ここ!

20091116160332ac9.jpg

↑細かい運針!
それも端っこまで!
(こちらは柄面=下着密着側)
200911161603468c2.jpg

↑こちらはWガーゼ面=肌あたり側
   こんなカーブにも対応するこの細やかな作業!
職人さんが愛情込めて、ひとはりひとはり・・・。
ここまで、端っこまで細かい針仕事は出来ませんよ~

ゆえに、時間と手間はかかりますが
とても丈夫です。
お洗濯してもしっかりしています。

ippan.jpg

↑こちらは、一般的なオーバーロック式仕上げ。
ほつれやすいことがありますね。
かゆみやかぶれの原因になることも・・・。
大量に出来ますが、質が違いますよね☆

ぜひともお手にとってお確かめ下さいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。